タイブレーカーの秘密

 

 

タイブレーカーはシャローチューンができない設計にしています。

 

要はこれ以上軽くすると浮いてしまうギリギリの設定です。

 

故に止水域での爆発力を発揮するのですが、逆に流れがあり過ぎると使い難いというデメリットが出てきます。

 

しなしながら、流れの強いエリアでは、Draw4を使えば釣りが成立します。

 

では、流れはあるが、Draw4では沈下が少し速いと感じる場面ではどうか…

 

タイブレーカーは、ウェイトを軽くするチューニングはできませんが、逆にウェイトアップによるチューニングは可能です。

 

ウェイトをアップさせることで、『スーパースローフォール』から『スローフォール』へとチューニングできます。

 

勘の良い方ならご理解いただけるかと思いますが、タイブレーカーとDraw4の間のフォールを、タイブレーカーのウェイトアップチューニングにより作り出すことができます。

 

タイブレーカーは、通常時はラインテンションをかけないフォールや、ハーフテンションフォールでの使用がオススメですが、ウェイトアップチューニングを施すと、フリーフォールはもちろん、テンションフォールを用いることにより、シンカーのサイドにある出っ張りがエギをよりゆっくりとフォールさせるので、ウェイトアップにもかかわらず、ゆっくり落とすのが可能になります。

 

 

というわけで、タイブレーカーの秘密を一つ公開…笑

 

実は私が作りだしたタイブレーカーはまっだまだ凄いのですが、それは、またの機会にでも♪笑笑

 

 

アディオス♪笑

 

カルティバエギングインストラクター 岡隆之
 


| 1/1 |

画像投稿はコチラ!
Draw4 Special Site

Search

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Profile

Selected entries

Categories

Archives

Links

sponsored links

mobile

携帯サイトはコチラ!
オーナーばり
無料ブログ作成サービス JUGEM