一つのエギに2杯のアオリイカ!

●エギサイズ:3.0
●カラー:オレンジUVオイル
●胴長(cm):23センチ
●重量(kg):未計量
●ポイント(場所):京都府舞鶴市
●釣行日:2020年7月26日
●お名前:ichi

 

 

 

 

朝まづめ狙いでポイントに入ったものの8時の満潮を
過ぎても反応なし。


諦めずにキャストを続けるとラインが走りフッキング。

 

寄せてくると追尾してきたアオリイカがエギにアタック
してきて一つのエギに2杯のアオリイカとゆう初めての体験
をしましたが一杯をギャフにかけて上げる際にもう一杯か
身切れして海に帰って行きました。

 

悔しい思いをしましたがなんとか一杯釣れてよかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


近場短時間釣行!

●エギサイズ:3.5号
●カラー:オレンジ/パールホワイト
●胴長(cm):未計測
●重量(kg):未計測
●ポイント(場所):福岡県
●釣行日:2020年7月21日
●お名前:おっちゃん

 

 

 

 

 

近場短時間釣行に行ってきました。


釣りをする時間も限られてるということでとりあえずイカが居るのか

答えが出るのが早い堤防のシャローエリアをテンポよく探っていきます。

 

すると開始2.3投目に追尾がありサイトでキャッチ!

 

 

 

しかし、これからだというときに雨が酷くなってきてカッパも持ってきて

なかったので強制終了!

 

今回はあまり釣りをする時間がなかったですがまだデカイのが居るのも

確認できたので、また近々リベンジに行ってみようと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 


約1ヶ月ぶりの釣行!

●エギサイズ:3.0号
●カラー:モエビ/グリーンオイル
●胴長(cm):未計測
●重量(kg):未計測
●ポイント(場所):長崎県
●釣行日:2020年7月17日
●お名前:おっちゃん

 

 

 


天気とタイミングがあわずでしたが約1ヶ月ぶりに行ってきました。

 

薄暗いうちからポイントに入りやってみますが全く反応なく朝マズメは完全スルー。

 

明るくなってランガンして各ポイントのシャローエリアを探っていきましたがそこでも反応なく撃沈。

 

帰り道に寄ったポイントでブレイクラインに沿って探っていると、なんとかホゲのがれの1杯をゲット!

 

 

その後もチェイスはあるものの抱かすことができず1杯だけの釣果で終了しました。

 

今回全く釣れなかった原因はポイント選択のミスだと考えてます。

 

気温や水温も低く、数日前から雨も降っていたので影響があったのかなと思います。

 

今回の反省を次の釣行に活かせるようまたいろいろと考えながら臨んでいこうと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ラインが弛む気持ちの良い当たり!!

●エギサイズ:3.5
●カラー:モエビスケルトンクリア
●胴長(cm):未計測
●重量(kg):500g
●ポイント(場所):大分県
●釣行日:2020年7月5日
●お名前:りんたろ

 

 

 


1時間の短時間釣行へ行ってきました!!

 

ポイントとしては、何日か前にポロポロっと三杯場所!

 

その日は水面にかなりのベイトの量でしたが

 

この日ついて確認するも、
ベイトもイカも見えない状況!ですがとりあえず、
手前15メートルくらいのところに軽くキャストして開始!

 

ボトムはアマモがビッシリのため、
中層のちょい下を引いてくるイメージで軽くシャクリを入れて、
張らず緩めずのハーフテンションフォールで誘いました!

 

2回目のしゃくりの後のフォールで、
ラインが弛む気持ちの良い当たり!!

 

デカイカを想定して思いっきり合わせたけど、500gのチビでした!

 

 

 

幸先よく一杯を取って、

その後もコースを変えながら同じやり方で探り当たりはあるものの
イカパンチ止まりで抱かせるまで行けず、その日は納竿でした。

 

個人的に最近よく釣れるエギ、ハマってるエギは
「モエビスケルトンクリア」!!

 

 

Draw4の数あるエギの中でも、クリア系のカラーは、
個人的にも昼夜問わずかなりの釣果が出ててめちゃめちゃ
武器になりますね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ライトタックルで2キロアップ!

●エギサイズ:3.5号
●カラー:ピンクロブスター/シルバーホロ
●胴長(cm):未計測
●重量(kg):2.08
●ポイント(場所):大分県南部
●釣行日:2020年7月2日
●お名前:モブ

 

 

 

 

2080gのいいイカ釣れてくれました。

 

干潮付近、巨イカが溜まるポイントを狙って釣り開始。

 

ここ数日は潮通しの良く「アマモ」が絡む同じポイントに

足を運んでいました。よく「釣り場は365日違う」なんて

言われてますが連日通ってみると、潮目ができる位置が急に

変わったり、ベイトの入って来る量が極端に違ったり「変化」

に気づくことが出来ました。


この日はいつもより潮目も接岸し、ベイトの量が多く

浮いているように感じました。


ベイトに合わせて水面直下をキラキラさせてみようと

思い立ち普段あまり使わない「シルバーホロ」のエギを

チョイス。
※Draw4のカラーバリエーションの豊富さは最高です!

 

着水後すぐロッドを下げたまま連続トゥイッチさせてみた

ところとんでもない速さで300gくらいのイカががアタック

して来ました。これは行けるか、、、
と思い、引き続き同じ誘い方からの

 

張らず緩まずのフォールでエギをすぅーっとラインが沖に

向かって動いたところですかさずフッキング!!

 

横風対策と感度上げる為、かなりライトなタックルだった

ので最高にスリリングで最高に面白いやりとりをさせて

くれました。

 

 

 

春イカも終盤ですが、私がよく行く地域は夏イカもよく釣れる

地域らしいので今年は張り切って夏イカエギングも楽しみたい

と思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


水潮で低活性の中

●エギサイズ:3.5
●カラー:タイダイ
●胴長(cm):20
●重量(kg)
●ポイント(場所):サーフ
●釣行日:2020年6月28日
●お名前:K

 

 


水潮で低活性の中、Draw4をしっかりと跳ね上げ

アオリイカにアピールして、抱きやすいようにボトムに

ロングステイさせているとしっかりと抱いてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ついにキロアップ!

●エギサイズ:3.5号
●カラー:モエビグリーンオイル
●胴長(cm):未計測
●重量(kg):1kg弱 800g
●ポイント(場所):兵庫県竹野沖磯にて
●釣行日:2020年7月5日
●お名前:クニタニ

 

 

 

 

新型コロナウイルス関連で自粛の為、釣りに行けない日々

であったが、宣言解除された事もあり、ヒラマサ狙いつい

でに、新調した、エギングロッドを、持って、竹野の沖磯に

行く事にした。


投稿日は、土曜日で、釣れたのも実は土曜日であるが、

釣れるまでのいきさつが、意外と波乱であったというか、

自分で波乱にしていたのであるが。。。


平日の仕事帰りに、竹野の沖磯に、ヒラマサ狙いで上がった、
久しぶりの磯上がりは、6月下旬である為に、
日本海側のヒラマサ狙いには、まだ、少し早い。

 

特にメインはトップでの釣りであり、トップに反応するのは、
梅雨明けで、真夏のめちゃくちゃ暑い日である。

 

なので、半分肩慣らし程度で、トップを、投げて誘う事に、
しかし、数投するも、反応は、皆無。。

 

シーズンなら、2投目辺りで、水面炸裂からの、ドキドキ。。

 

いや、ズキンズキンファイトになるのだが、、、

 

そこで、今年は春イカが、数釣れているとゆう情報があり、
自分にも初の春イカを釣れるのでは?!とゆう期待を胸に、
ヒラマサ狙いのロッドを、早々と置いて、エギングロッドに

持ち変えた。。

 

新調したロッドは、嫁さんには、内緒です。。。


エギは、プロアングラーの、岡さんが使っている、ドロウ4を、

セットした。

 

色は、モエビグリーンオイル。

 

早速キャスト、実は、青物するまでは、エギング一筋で、
他の釣りには興味すら無かった。

 

エギングは、10年近くしているが、春イカは、釣った事すら

恥ずかしながら無い。何故なら、底がわからない、

藻が引っ掛かる、エギ無くす。

 

とゆう負の連鎖。。。

 

しかし、釣り歴もそこそこに、もうそろそろ、決めないと!
と思い今季は新調までした。

 

そんな前置きは、さておき、早速数投するも、反応無し。。

 

春イカだから秋のようには行かず、でも、ここで青物狙いの、
キープキャスト精神がいつの間にか養われていたのか、
いつもなら、コーヒー飲み、渡船の迎えを待つのだが、

ひたすら投げ続けていた。

 

そして、その時が来た。緩めのドラグが、ジリジリとなると

グイングイン。。

 

まさか?!グイングインジリジリグイングインジリジリ。

 

足下に来たのは、なかなかのアオリイカ。

 

しかし、タモ持って来ているのにも関わらず、釣れると思って

ないので出していない。

 

青物の精神で抜き上げだ!ブチン!バシャン!

 

モエビグリーンオイルを持ったアオリイカは、海へ。。。

 

キープキャストは、良かったが、抜き上げる精神は仇となる。。。

 

その場に倒れ込む。。。


ウソだろウソだろ。そう思いながら、2日空けた次の日、

嫁さんに、いい加減にしろ!と言われながら、磯に居ました。。

 

この間は、かんむりとゆう名前の磯。

 

今回はミイジマとゆう竹野の磯に。。

 

ここでもまさかの出来事が起こるとは、、、

 

夕方磯に上がり、ひたすらしゃくり続ける、

 

見えイカのデカイ奴が足下を行ったり来たり、、、何故かこのイカ、
同じドロー4でもモエビグリーンを投げた時にしか、姿を見せない。。

 

ある人に聞いた事あるが、春は、同じ色にしか反応しないとか、
それは、しゃくり手の癖もあるのか、、、

 

そして、またその時が来たのだ、
見えイカがいつの間にか消えて、少し経ってから、ズシリ!

 

グイングイン。。

 

今日こそは!寄せて来たイカはこの間よりは、小さいくらい、

またしても、青物の波に乗せてずり上げ精神が、、、

 

次の波だ、波が軽く磯を走るくらいを見計らい、
エギを掴んでと、、かえしの無いエギから、

イカは上手に抜けて、また海へ。。。。

 

もはや、言葉はありません。

 

話もいよいよ長くなるのでこの辺で、ついに、

 

7月5日 日曜日 キロアップの春アオリ、

 

もはや、夏アオリかも。早朝6時、ばらした同じミイジマへ。

 

潮は朝イチまったり、もう無理かも知れない。。

 

今日は、見えていたアオリイカも見ない。。。

 

しかし、諦めずキープキャスト。。緩めのドラグが、潮が動いて無いときは、

しゃくった時にはジッジッと鳴らない。

 

8時手前、そのドラグが、ジッジッとしゃくると鳴るようになると、

それから約2投目、ばらしを忘れさせるとんでもない、

重みと引きが、ズドン!ジージージードラグが鳴る。

 

デカイ!!こいつは絶対ヤバイの来た!そう思いながら、

ゆっくり寄せて来ると、やっぱりデカイ、流石に、3回目のヘマをする

馬鹿ではない僕は、タモを用意。

 

ゆっくりタモを近づける、ブシュン!入ったタモから、

アオリイカが出て行く。

 

ばれるなよ。。。の思いで、ようやくネットイン!

ついに来ました!紛れもないキロアップ。

 

モエビグリーンオイルと共に写真。

 

実は二回目の時は大量に墨を顔や体に浴びて、


 

貧相な顔の写真を撮りましたが、今度は笑顔で!

 

 

 

この後、納竿間際に、もう一杯追加。2杯目は、

晩秋クラスの800g。合計2杯で磯上がり。

 

まだまだ、釣れそうな、潮ではありましたが、本日はここまで!
色々無駄な前置きもありましたが、ようやく記録が更新出来ました。


次回は、ヒラマサの記録更新を目指し、

嫁さんに、やいやい言われながら、磯に上がろうかな!

 

長々と書きましたが、釣行記録とさせて頂きます。

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 


ボトムをじっくり攻めていると

●エギサイズ:3.5号
●カラー:オレンジ/ゴールドUV
●胴長(cm):39.5cm
●重量(kg):1800g
●ポイント(場所):京都府舞鶴市
●釣行日:2020年7月5日
●お名前:ichi

 

 

 


朝まずめ狙いでポイントへ入り1頭目でエソに
リーダーを切られ新色をロスト(泣)

 

気を取り直してオレンジゴールドをキャストし
ボトムをじっくり攻めているとラインに違和感。

 

あわせを入れるとあれっ根がかりみたいな重み、
またエギをロストみたいな不安を感じながら

もう一度合わせると元気なジェット噴射。

 

なんとか1.8キロをゲットできました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


普段とは違う誘い方で!

●エギサイズ:3.5
●カラー:サンクリア/UVイエロー  オレンジ/ゴールドUV
●胴長(cm):未測定
●重量(kg):未計量
●ポイント(場所):長崎県
●釣行日:2020年7月1日
●お名前:墨まみれ

 

 

 


前日大時化で釣行日も時化の影響が残りウネリ、風、波、ゲキ濁りと悪条件

でしたが帰省ついでに行ってきました!


朝一はとてもエギングできる状況ではなかったので、魚狙いで出撃しまさかの

クエをキャッチ(^O^)


昼過ぎから風は収まってきましたが、濁りがひどく波もまだまだ…

 

風裏で水深のある場所へ。

 

濁りでもアピールできるようエギをチョイス。

 

海底をゆっくりネチネチと、小さいしゃくりを入れたりズル引きしたりすりと

コツンっとしたあたりが♪

 

 

サイズはまだまだでしたが良くない状況での価値あるイカは

嬉しいですね(*゚▽゚*)

 

悪条件だからこそ普段とは違う誘い方で少ないチャンスをものにする。

 

エギングは奥が深いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


夏イカ典型的な元気な引き!

●エギサイズ:3.5
●カラー:サンクリア/UVイエロー
●胴長(cm):未測定
●重量(kg):780g
●ポイント(場所):福岡県
●釣行日:2020年6月26日
●お名前:墨まみれ

 

 

 

 

前日降り続いた記録的な大雨の後でしたが、
どうしてもイカが釣りたくて行ってきました(^-^)

 

大雨後で濁りがひどいと思い、いつもより考えて場所選び。

 

濁りが早く解消されるであろうor濁りの影響が少ないと考えられる、
水深があり水道に面した潮の流れがある潮通しのよい場所へ!

 

行く途中見てきたポイントはゲキ濁り状態でしたが、
潮通しがいいためこのポイントはなんとかやれそうな感じ(^。^)

 

藻場にはデカイカも見えており狙ってみますが反応なし…

思うようにいかず同じような場所へ移動。

 

上層はやや濁りがあり、ボトム付近をじっくりと探ると魚かな?
って思うあたりが。

 

大きく1回しゃくり上げフォール中にラインを持っていく元気なあたりが♪

 

しっかりとフッキングさせ気持ちいい引き(*゚▽゚*)

 


 

 

夏イカ典型的な元気な引き方で楽しくやり取りできました♪

 

この後も粘って追加しますがコロッケサイズのみ(T . T)

 

 

梅雨で微妙な天気が続いていますが、1番得意な夏イカシーズン!

 

楽しみながら釣って行きたいと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


| 1/54 | >>

画像投稿はコチラ!
Draw4 Special Site

Search

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Profile

Selected entries

Categories

Archives

Links

sponsored links

mobile

携帯サイトはコチラ!
オーナーばり
無料ブログ作成サービス JUGEM